業務案内

吹田市に拠点を置くT.Innovationの主力業務は、マンションやビル・商業施設などを対象とした軽天工事です。
関連するボード工事やGL工事、現場では施工がむずかしい駅・学校などの公共施設にも対応し、近畿一円で活動しております。

軽天工事

「軽天」とは、軽量鉄骨で組まれた天井の骨組みのことです。内装が完成すれば、ほとんどの場合は隠れてしまう部分なので、普段は目立ちません。しかし、室内の安全を保つうえで大切な要素なのです。
軽量鉄骨は高い耐火性をもちながらも軽量であるため、多くの物件で採用されている素材です。格子状に組み、天井の下地を形成します。
用途に応じて空間を区切るためのパーティションを設けたり、遮音シート・断熱材などの機能性素材を使用したりと、活用の幅を広げることも可能です。

ボード工事

軽天工事によって完成した骨組みのうえから、石膏などでできたボードを貼りつけて天井を仕上げます。ボードとボードの間で隙間をなくすため、一枚ずつ丁寧に施工します。境目はパテで埋めるなどし、後の塗装やクロス貼りといった工程に向けて平らな面を形成します。
材質を変えることで耐水性や耐火性、防音性を高めることができます。建物の用途に応じて最適なものを選び、正確に施工していきます。

GL工事

「GL」とは、石膏でつくられた「GLボンド」の略です。ダンゴ状の接着剤で、コンクリートやタイガーボードなどの貼り付けに使用します。
強い接着力を発揮するために、貼り付ける際は圧力を調整します。GLボンドを使って天井を仕上げれば、軽量鉄骨の骨組みを必要としないぶん室内空間を広く確保できます。
低コストかつ短期間で施工を完了できるため、近年需要が高まっている工法です。

採用情報

お問い合わせ  採用情報